じゃがいもを「お餅」に近づける!モチモチいももちの作り方・3つのポイント

モチモチいももちの作り方をご紹介します。

3つのポイントを押さえて作ることで、じゃがいもをより「お餅」に近い食感にすることができます。これらのポイントは特別な材料いらずで出来ますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

また、このレシピは、お正月にも合う見た目にする・チーズを入れる・揚げる・ツナやコーンを入れるなど、アレンジもしやすい特徴がありますので、ぜひ試してみて下さい。

モチモチいももちの作り方

1 材料(6個)

★いももち
じゃがいも 2個
片栗粉 大さじ3
塩 小さじ1/4
砂糖 小さじ1
サラダ油 適量

★たれ
◇しょうゆ 大さじ1
◇みりん 大さじ1
◇砂糖 大さじ1.5
◇水 大さじ2
片栗粉 小さじ1~2(水小さじ2で溶く)

2 作り方

① じゃがいもを水洗いし、ラップで包んで500wで表裏3分ずつほどレンジにかける。

② 中まで火が通ったら、じゃがいもの皮を剥き、裏ごしをする。

③ ②に片栗粉・塩・砂糖を加え、お餅の感触になるまでよく混ぜ、成形する。

④ 油を敷いたフライパンで、成形したいももちを中火で焼き、両面に焼き色を付ける。

⑤ たれを作る。空いたフライパンに◇を入れ、弱火にかける。沸騰したら水溶き片栗粉(小さじ1~2)を加えてよく混ぜ、とろみを付ける。

※ 3つのポイントは下記で詳しくご紹介します!

3 YouTubeの料理動画でご紹介

4 レシピのポイント

今回は3つのポイントを押さえて、じゃがいもをより「お餅」のような食感に仕上げます。

見てすぐに実践できるようなポイントになっていますので、一緒に見ていきましょう!

まずはじめのポイントとして、洗ったじゃがいもを電子レンジで加熱します。

じゃがいもを水から茹でるよりも少ない「水気」で火が通り、茹でるよりも余計な水分が入らないメリットがあります。また、この方法自体も手間がかからず簡単に火を通すことができますので、とてもおすすめです。

次に、じゃがいもを裏ごしします。

じゃがいもを裏ごしすることで、後で加える片栗粉との馴染みが良くなるほか、食感がよりお餅に近づきます!

そして3つ目のポイントとして、片栗粉を多めに加えます。

片栗粉を加えることで、じゃがいもに「むちむち」とした食感を加えることができます。最近の片栗粉はジャガイモから作られてることもあり、多少多く入れても違和感が少ないため、今回は多めに加えました!

焼く前のいももち。

かなりお餅に見えます!

5 忘備録・私的メモ

★ 今回はお正月レシピということで、お餅をアレンジしたレシピではなく、アレンジしてお餅にするレシピを作ってみました笑

★ お正月の雰囲気にしたくて、今回のレシピと一切関係ないですが、みかんを写真に入れました笑

モチモチいももち まとめ

【point】
① 電子レンジ加熱
② 裏ごし
③ 多めの片栗粉

モチモチのいももちの作り方をご紹介しました。

少ない材料で手軽に「お餅」のような面白い食感のいももちが出来るレシピです。このいももちを素揚げすると「スーパーで売っているイモモチ」風にできるほか、チーズを加える・ツナやコーンを練りこむなど、色々なアレンジもできますので、ぜひ試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪